七草粥について

七草粥は、1月7日の「人日の節句」に食べる節句料理です。
七草粥を食べるのは

邪気を祓い万病を除き、無病息を願う

呪術的な意味があります。
その他にも、おせち料理で疲れた胃を休める効果や

野菜が少ない冬場に、不足しがちな栄養分を補う意味もあります。

七草粥の由来

七草粥の風習は、平安時代に中国から伝わったもので

七草には、邪気を祓う効果があるとされ

元々は七種の菜を、汁物として食していました。
日本では1月15日に、小豆粥を食べる風習があったことから

室町時代以降は、汁物ではなく粥へと変化しました。

ちなみに七草粥は、いつ食べるのが正解なのか?

に関しては1月7日の「朝」が正解になります。

七草粥の「七草」ですが、この七草は「秋の七草」を指していて

春の七草は、「七種」が正解のようです。
読み方は同じ「ななくさ」なので

なんかややこしいですよね

最近はスーパーなどで、七草のセットが売られているので

作るのも簡単ですよね^^
1月7日の朝食には、七草粥を食べて

1年間健康に過ごせるように祈願しましょう

前日(1月6日)の夜に、七草をしゃもじや包丁の背で叩き

細かくしておいて、朝に粥を炊いて七草を入れ、朝食として食べます。

※正式には「七草の歌」というものがあり

その歌を歌いながら細かく叩くそうです
我が家は、いつも晩御飯に食べてたので、間違っていたようです

気になるコンビーフハッシュ

沖縄には3~4回行ったことがあり何でも食べてみようとミミガーにテビチーにソーキそばにポーポーにサータアンダギーにと色々と食べましたが知らない食材もまだまだあったようです。
ケンミンショーで沖縄特集が2週連続で放送されたので、沖縄に行きたいね~と話しながら見ていたのですが、コンビーフハッシュなるものは知りませんでした!沖縄ではポークランチョンミートとシーチキン缶が売れると言うのはテレビで見て知っていたのですが、その2つと並んでどこの家庭にも必ず買い置きがあるくらいメジャーな食べ物だそうです。
コンビーフの中にポテトが入ってほぐされている感じの食べ物なのですが、私が知っているコンビーフとは全く別物なので驚きました。
沖縄の方はコンビーフを知らない人が多いようで、その分コンビーフハッシュが圧倒的な人気のようです。
すごく食べてみたいと旦那と話していて、ふと楽天市場のランキングを検索してみるとコンビーフハッシュがランキング入りしていて私たちと同じことを考える人は多いのだなと感じました(笑)買ってオムレツに入れて食べてみたいです。

焼きおにぎり

冷凍で買うと、そこそこな値段がするので、自分で作ってみました。
そうしたら、ちょっと焼きおにぎり作りにハマっちゃったりして…。
沢山ご飯を炊いても、焼きおにぎりになるから、ご飯が余らなくて良いとか冷凍保存が可能なので、作り置きをすると娘の小腹のたしにもなります。
私の方は、焼きおにぎりに出し汁をかけて茶漬けにしたりと。
楽しんで食べています。
今回の焼きおにぎりは、ごま油不使用で、油を薄くひいたテフロン製のフライパンで焼いています。
我が家のフライパン、そろそろ買い替え時期なので、油を引いてますが、テフロンなので本来は油無しでもフライパンにくっつかずに、おにぎりが焼けるのかも?しれません。
目が離せませんが、フライパンだとトースターよりも早く焼けます。
また、たれを作るのが面倒な時は、味をみながら麺つゆを、ご飯に混ぜるだけで作れます。
焼きおにぎりは冷凍で作り置きができるところが今回、気に入った点です。
食べても数時間おきに腹減りの子供がいると、腹もちがよくて、すぐにパパット出せる物は本当に貴重です。